ラブリコで一つの部屋を二つに分ける仕切り壁を作る方法

ラブリコで一つの部屋を二つに分ける仕切り壁を作る方法

長年住んでいる自宅も、家族が成長すると家族構成に合わせたフォームの必要性が出てきます。

簡単なものからリフォーム業者に頼んでいると、お金がかかりますので、できるだけDIYでやりたいもの。

ここではラブリコを使って、子供部屋として準備した一つの部屋を二つに分ける、仕切り壁を製作した事例を説明します。

以下の説明は持ち家の事例ですが、賃貸でも天井の下地をしっかりと確保すれば、

強度のある間仕切り壁を実現し、プライベートな空間を確保できます。

自前施工の目標は、2×4材(ツーバイフォー)と板で部屋を区切りつつ、開閉できる入口も備えた状態にすることです。

何らかとびら状の板をつけるため、柱の固定を強くすることが第一優先になります。

一部屋を二つに分ける壁づくり

材料の調達

ディアウォールやウォリストのようなスプリングによる突っ張りでは、普段使っているときや、地震のときに倒れるのではないか、と不安が残るため、ネジ式ジャッキで直接突っ張ることができる、ラブリコ アイアンを選びました。

床と天井を2×4材で垂直に突っ張り、その間に水平に2×4材を渡してがっちりとした壁にします。

天井高さは2×4材の6フィート(約1820mm)より大きいので、調達した2×4材同士を延長ジャケットで接続します。

構造体の製作

隣接する柱の間隔は、900mmか600mmとしました。

この後、壁を作るときの板の規格品のサイズが600や900、1200などが多いため、取り付けやすさを考えました。

隣接する柱同士をラブリコのL字棚受けで固定していきます。

ラブリコを取り付けるのは2×4材の上面だけです。

下面はゴムパッドが用意されていますが、掃除機や椅子の脚がぶつかるなど、横向きの力がかかることもあり得るので、それで動くことがあっては危険です。

床面側にも2×4材を水平に配置し、L字棚受けで垂直な2×4材と固定します。

壁を立てる

床面の2×4材は、そのままフローリング床に置いても滑ってしまいます

そこで、防振ゴムをあらかじめ床面に高密度でおいて、防振ゴムの摩擦と粘着力でフローリング床と2×4材を接着します。

防振ゴムは、将来壁を撤去したときには床を傷つけず剥がせることを期待しています。子供はいずれ巣立ってしまいますから、外すことも考えます。

床で組み立てた壁枠を、防振ゴムの上に載せて垂直に立てます。

気を付ける点は、天井側に梁のように強力な下地がある場所を確実に選ぶことです。

天井に穴を開ける覚悟があれば、天井裏の梁まで到達するようコーススレッドで貫通固定をしたほうが良いです。

このとき垂直に立てるため、水準器を使って2×4が垂直になるよう調整します。

天井を突っ張る

天井側を突っ張る時には、ラブリコのアジャスター器具と天井の間に1×4材を差し込みます。

そして、1×4材と天井の隙間には床面と同じく粘着性がある防振ゴムを配置します。

天井との隙間に防振ゴムをはさむことで、天井側の木材のズレをおさえます。

1×4材は天井の下地の補強の意味合いで、補強できるなら金属板でも角材でもよいです。

2×4材でもよいですが、天井側に持ち上げて作業を行うのに重すぎるので、1×4材を使いました。

1×4材を複数の下地にかかるように配置すると、天井にかかる力が分散して安定します。

逆に、ラブリコのあるところだけ局所的に突っ張ると、天井が部分的にへこみ、最悪は波打ってしまいます。

その結果、突っ張りの効きが悪い箇所ができてしまい、地震の時にとても危険です。

柱を立てて突っ張った後は、木材が形状になじむ過程でアジャスターが緩んだりしますので、増し締めを忘れずに行ってください。

仕切り壁の完成

壁ができてしまえば、あとは板を貼り、とびらをつけていきます。

まだ壁と扉は作っていませんが、以降は別の記事で説明する予定です。

壁の柱を立てるところまでが大変なので、この後、壁板の取り付け作業はさほど難しくありません。

今回使った主な部品は、以下のものです。ぜひご活用ください。

テキストのコピーはできません。