木工用ボンドの剥がし方は?失敗しないコツは?

NO IMAGE

回答:
基本的にはうまく剥がれない。木工用ボンドの耐久性の弱点である、水や熱を併用して剥がすとよい。

解説

木工ボンドの概要

木工の作業で、木材同士を接着する場面では木工用ボンドにお世話になります。学校の工作の授業を皮切りに、ちょっとした小物の製作、木工製品の剥がれの補修などに活躍します。

木工ボンドは100均でも手に入るので気軽に工作に使ってしまいますたが、接着した後に、やっぱり剥がしたい、どうすれば?となってしまうトラブルがあります。

どうしたら良いのでしょうか。

木工用ボンドの仕組み

基本的な木工用ボンドの成分は、木工用接着剤の代名詞となった木工用ボンドをはじめ、一般的には酢酸ビニル系の樹脂が主成分です。これを水に溶けるように処理して、液体状にしています。

接着成分を溶かした水が大気中に蒸発したり、接着する基材に吸収されたりして、ボンドの液体の中から水分が飛ぶと固まります。

ですので、水が吸収される過程で、木材や紙の骨格に入りこんでしまうと取れないのです。

剥がし方

基本的に、接着剤の中に水分を染み込ませないと弱くなりません。しかし、ボンドが固まってしまうと水分の染み込む隙間も無くなり、ボンドの中心まで水分を到達させることは非常に困難です。

剥がしたいものを、ボンドが熱に弱いことも考えあわせてお湯に浸します。剥がしたいものには、引きはがす方向に常に力をかけておくような工夫をしましょう。染み込んだ水分が入りやすくなります。

接着基材に染み込んだ接着剤は取り去ることは難しいですが、接着したもの同士の隙間にあるボンドは、この方法で剥がせる可能性があります。

テキストのコピーはできません。