木工用ボンドの剥がし方は?跡が残らない方法は?

木工用ボンドの剥がし方は?跡が残らない方法は?

回答:

木工用ボンドの耐久性の弱点である、水や熱を併用して壊して剥がす。生地や基材にしみこんだカスをうまくとるのは難しい。

解説

木工ボンドの概要

木工の作業で、木材同士を接着する場面では木工ボンドにお世話になります。学校の工作の授業を皮切りに、ちょっとした小物の製作、木工製品の剥がれの補修などに活躍します。

木工ボンドは100均でも手に入るので、気軽に工作に使ってしまいます。しかし、着ている布地についてしまい、取りたい!となったり、接着した後に、やっぱり剥がしたい、どうすれば?となってしまうトラブルがあります。

うまく剥がす方法はあるのでしょうか。順を追って説明します。

木工用ボンドの仕組み

基本的な木工用ボンドの成分は、木工用接着剤の代名詞となった木工用ボンドをはじめ、一般的には酢酸ビニル系の樹脂が主成分です。これを水に溶けるように処理して、液体状にしています。

接着成分を溶かした水が大気中に蒸発したり、接着する木材や布に吸収されたりして、ボンドの液体の中から水分が飛ぶと固まります。

ですが、水が吸収される過程で、木材や紙の骨格に入りこんでしまうので、取れないのです。

剥がし方

基本的に、木工ボンドの中に水分を染み込ませないと弱くなりません。しかし、木工ボンドが固まってしまうと水分の染み込む隙間も無くなり、木工ボンドの中心まで水分を到達させることは非常に困難です。

木工用ボンドは熱に弱いため、剥がしたいものはお湯に浸します。サイズ的に可能ならば、お湯でしばらく煮ます。

剥がしたい場所には、引きはがす方向に常に力をかけておくような工夫をしましょう。染み込んだ水分が入りやすくなります。

お湯を使っても、木工ボンドは元のやわらかい状態まで溶かすことはできませんが、接着したもの同士の隙間にある木工ボンドは、この方法で壊して剥がせます。もっとも、塗った材料、塗り方、塗布量などは様々で、一概には言い切れません。

ただし、接着基材に染み込んだ木工用ボンドは取り去ることは難しく、跡は残ります。

テキストのコピーはできません。