ラブリコ・ディアウォールの木材の長さは何センチ?計算はどうやる?

ラブリコ・ディアウォールの木材の長さは何センチ?計算はどうやる?

回答:

ラブリコは推奨よりカットを減らし、90mm以上、95mm以下の範囲が良い。ディアウォールはマイナス42mmやマイナス40mmぐらいのやや大きめで良い。その他は本文を参照。

解説

木材の長さは何センチ短くする?

賃貸でも、狭いワンルームや1Kでも、一人暮らしの作業で2×4材(ツーバイフォー)の収納を作れる!

突っ張り式なので2×4材や1×4材(ワンバイフォー)の柱を立てても賃貸に傷をつけない!

という機能的なDIY部品「ディアウォール(diawall)」「ラブリコ(labrico)」「ウォリスト(walist)」が人気です。

アイデア次第でおしゃれなインテリアを作れるのですが、突っ張り部品を使うときの木の長さの計算は失敗しやすいところです。)

マイナス何センチなら良いのか、95mmというけれど間違えて90mmになったらダメなのか、使い方の説明に寸法の調整範囲が書いてない、など、疑問がわきます。

ここでは、柱のカットサイズの許容幅を説明します。

公称取り付けサイズ

最適なカット長さを求めるにあたって、まずは公称のサイズを確認しておきましょう。

各製品の使い方の説明書には、使用する2×4材(ツーバイフォー)をマイナス何センチの高さで準備するか示されています。

・ラブリコアジャスター→マイナス95mm

・ディアウォール→マイナス45mm

・ラブリコアイアン→マイナス75mm

・ウォリスト→マイナス60mm

公称のサイズがどのような思想にもとづいて決まっているかに触れてから、もっと良い調整ができる許容範囲を説明します。

ラブリコアジャスター

ラブリコアジャスターの構造のポイントは、

  • 木材の天井側に取り付ける上キャップには、ジャッキで天井を突っ張る天キャップのネジ胴を入れる縦穴(バカ穴)があいている
  • バネの可動範囲は殆どない、バネの突っ張り力は小さい

という点です。

ラブリコアジャスターの設計寸法

実際の調整幅を、上キャップ、天キャップで確認します。

もっとも伸ばしたとき

天キャップのネジ胴が上キャップの縦穴にぎりぎり掛かる程度の位置で、天キャップの天井面は木材の先端から約118mmの位置になりました。

ただし、この位置ではネジ胴が上キャップから外れる恐れが高く、危険です。

もっとも縮めたとき

天キャップのネジ胴を上キャップの縦穴に最大に押し込む位置で、天キャップの天井面は木材の先端から約80mmの位置になりました。

よって、118-80=約38mmの可動範囲があります。

中間の位置のとき

天キャップのネジ胴の約3分の1が上キャップの縦穴に入る位置で、天キャップの天井面は木材の先端から約93mmの位置になりました。

多少ぐらつきは出るので、もう少しネジ胴を入れた方が安心です。

下キャップの寸法も確認します。

下キャップの床面は木材の先端から約7mmの位置になりました。

ラブリコアジャスターの調整幅

最大側は、ねじを全く押し込んでいないゆるゆるの状態ですが、木材長に対し、プラス約125mmです(天井側118mm/ 床側7mm)。

反対に最小側は、ねじをパッド端まで完全に回しきった状態を示し、木材長に対し、プラス約87mmです(天井側80mm/ 床側7mm)。

公称カットサイズのねらいは?

ラブリコの公称取り付け寸法は木材長に対しマイナス95mmですので、下キャップの肉厚(約+7mm)を考慮し、天キャップの可動範囲 約118mm~約80mmのうち、短めの約88mm(=95-7)の位置で使うことを推奨しています。

ネジ式ジャッキで突っ張り荷重をかけるので位置による力の差はありませんが、上キャップはのネジ胴の傾きを支える程度しか働かないので、ネジ胴を上キャップに押し込むほど安全です。

推奨よりカットを減らし、90mm以上、95mm以下の範囲でカットすると安心でしょう。

安全だから、とやみくもにネジを突っ張ると、上部の板を突き破ってしまうトラブルを起こします。ご注意ください。

もうカットした、今から間に合う?

もっとカットを減らせば良かった、と思っても木材をカット済みだと困ります。せっかくですから、新しく木材を買わずにすませたいところです。三つの方法を紹介します。

木材でかさ上げ

まず、手持ちの木の端材で下キャップの中をかさ上げできないか検討します。下キャップに5mmの薄い木板を入れられれば、カット長を小さくしたのと同じです。

うっかりはじめから95mm以上をカットしてしまったときも、同じように下キャップの中でかさ上げすることを検討してください。

ディアウォールの下パッドを使う

次にやりやすい方法は、ディアウォールを手に入れて下パッドを流用することです。ディアウォールの下パッドは、肉厚が約13mmですので、ラブリコの下キャップとは6mmの差があります。

ディアウォールの下パッドに替えれば、カット長を6mm小さくしたのと同じことになります。

つなぎなおして全長を短くする

2×4(ツーバイフォー)の柱を何本も使うので、この際それぞれのカット長も全部そろえたい、というときは、いったん今の2×4材を適当な位置でカットして、ジョイント部品でつなぎなおす方法が良いでしょう。

ラブリコには、2×4材を連結するためのジョイント部品があります。

一本目の2×4材と二本目の2×4材の端部にそれぞれ固定してから、ジョイント部品同士を組み合わせると木材長が26mm長くなります。

今の2×4材を、ジョイントしたい一本目と二本目の木材に切り直す時は、それぞれA mm、B mmとすると、A+B+26=新しく欲しい長さ、になるようにします。

ジョイント部品は次のようなものです。

ディアウォールの設計寸法

ディアウォールの構造のポイントは、

  • 木材の天井側に取り付ける上パッドには突っ張り用のバネが備わっている
  • 木材の床側に取り付ける下パッドにはバネはなく、高さ調整のスペーサが二枚入れられる

という点です。

もっとも伸ばしたとき

上パッドの押し込み方で寸法が変わります。

突っ張り用のバネに力をかけない状態で、上パッドの天井面は木材の先端から約40mmの位置になりました。

もっとも縮めたとき

突っ張り用のバネに最高に力をかけバネを押し込んだ状態で、上パッドの天井面は木材の先端から約20mmの位置になりました。約20mmの可動範囲があります。

下パッドも調整可能

下パッドの寸法を説明します。

スペーサがない状態で、下パッドの床面は木材の先端から約13mmの位置になりました。

スペーサを二枚いれた状態で、下パッドの床面は木材の先端から約18mmの位置になりました。スペーサ一枚当たり、約2.5mmとなります。

ディアウォールの調整幅

最大側は、ばねを全く押し込んでいないゆるゆるの状態ですが、木材長に対し、プラス約58mmです(天井側40mm/ 床側18mm)。

反対に最小側は、ばねを完全に押し込んだキツキツの状態を示し、木材長に対し、プラス約33mmです(天井側20mm/ 床側13mm)。

公称カットサイズのねらいは?

ディアウォールの公称取り付け寸法は木材長に対しマイナス45mmですので、下パッドにスペーサを入れない状態(約+13mm)で、上パッドの可動範囲 約40mm(バネ弱)~約20mm(バネ強)のうち、バネが弱い側の約32mmの位置(=45-13)で使うことを推奨しています。

したがって、公称取り付け位置ではぐらぐらする時もあるため、マイナス42mmやマイナス40mmぐらいのやや大きめで良いです。

注意したいのは、天井と床を突っ張る高さが1,820mm以上のときに限って大き目にできるという制約です。

元の木材寸法が短いと、最大にバネを押し込んでも木材が床につっかえて入らなくなります。ご注意ください。

もうカットした、直す方法は?

いったん木材をカットしてしまうと、全長を長くする方向に直すには二つの方法があります。

始めに、手持ちの木の端材を適当な厚みに加工し、下パッドの中を追加スペーサとして入れる方法です。これは木材加工ができる方なら簡単です。

次の方法は、いったん今の2×4材(ツーバイフォー)を適当な位置でカットして、ジョイント部品でつなぎ直す方法です。つなぎ直すときに、一本目と二本目の間に適度なすき間を空けて全長を調整します。

ディアウォールには、2×4材を連結するためのジョイント部品があります。2×4材の外周を囲むようにビスで固定するので、つなぐ木材同士がぴったりと接触していなくても、ジョイント部品の強度でまっすぐにつなぐことができます。

ラブリコアイアン・ウォリスト

ラブリコアイアン、ウォリストの両者を対比しながら説明します。

ラブリコアイアン

ラブリコアイアンの構造のポイントは、

木材の天井側に取り付けるアジャスターには、天井を突っ張る板には正ネジ(右ネジ)、2×4材(ツーバイフォー)を突っ張るコの字枠には逆ネジ(左ネジ)がついており、中間の雌ネジ胴を回すと互いに離れて突っ張る仕組み

という点ですね。

ウォリスト突っ張りジャッキ

ウォリスト突っ張りジャッキの構造のポイントは、

木材の天井側に取り付ける本体は、パンタグラフジャッキに似た、水平方向の力図天井を突っ張る垂直の動きに変換する構造

となっています。

調整ネジは水平バネの片端固定位置を変えるためのもの、固定位置を最大するとジャッキが最も上方へ上がるしくみです。

ラブリコアイアン、ウォリストの両方とも、2×4材や1×4材の床側に取り付けるキズ防止シートが添付されています。約2mm厚で同等です。

両部品のジャッキを最も伸ばした状態の位置で、ラブリコアイアンは木材の先端から約102mmの位置、ウォリストは木材の先端から約76mmの位置になりました。

ラブリコアイアンは、中間の雌ネジ胴から突っ張りの雄ネジがほぼ出てしまい、この状態で使うのは危険です。

両部品のジャッキを最も縮めた状態の位置で、ラブリコアイアンは木材の先端から約62mmの位置、ウォリストは木材の先端から約40mmの位置になりました。

ラブリコアイアンは約50mmの可動範囲があります。ウォリストは約36mmの可動範囲です。

ただし、ウォリストはネジのジャッキ力が掛かり始める位置まで上げてあげる必要があり、約54mmあたりから上でネジのジャッキ力が掛かります。

ラブリコアイアンの調整幅

最大側木材長に対し、プラス約104mmです(天井側102mm/ 床側2mm)。

最小側:木材長に対し、プラス約64mmです(天井側62mm/ 床側2mm)。

ラブリコアイアンの公称取り付け寸法は木材長に対しマイナス75mmですので、下部シートの肉厚(約+2mm)を考慮し、ジャッキの可動範囲 約102mm~約62mm(安全側)のうち約73mmの位置(=75-2)で使うことを推奨しています。

推奨位置は、雄ネジ雌ネジの掛かり数が多めの、荷重を多く受けられる安全側です。

推奨よりややカット長を減らし、70mm~75mmなら更にネジの掛かり数が増え、強度が増します。

もしカット長をより減らす方向へ変えたいときは、部品にキャップ類がないためスペーサを入れる方法は難しいです。

中間のジョイント部品を使って、新しく全長をする設定するほうがよいでしょう。

(詳しくは上の方の、ラブリコアジャスター、ディアウォールの項をみてください)

ウォリストの調整幅

最大側:木材長に対し、プラス約78mmです(天井側76mm/ 床側2mm)。

最小側:木材長に対し、プラス約42mmです(天井側40mm/ 床側2mm)。

実際にはバネのジャッキ力がかかり始めるのはもう少し上で、最小側は、木材長に対し、プラス約56mmです(天井側54mm/ 床側2mm)。

ウォリストの公称取り付け寸法は木材長に対しマイナス60mmですので、下部シートの肉厚(約+2mm)を考慮し、ジャッキの可動範囲?約76mm(バネ弱)~約56mm(バネ強)のうち約58mmの位置(=60-2)で使うことを推奨しています。

もともとバネ強側が推奨位置ですので、さらにカット寸法を減らすことはないでしょう

反対に、カットが多く木材が短めになっても、バネ力には余裕がある作りです。

まとめ

バネで突っ張るラブリコ、ディアウォールは、調整幅の中で少しバネの効きが良くなる方向にいじると、安定して固定できるようになります。

一度収納を作り上げてしまうと、後から修正するのは難しいですので、作っているときに微調整をいれておくのが一番です。

ラブリコアイアンやウォリストは、安定して固定ができる調整の幅が広いので、初めからそちらを使うのも良い方法です。

テキストのコピーはできません。