オオイヌノフグリはどう見分ける?生やしておいても大丈夫?

オオイヌノフグリはどう見分ける?生やしておいても大丈夫?

10月ごろに、庭や家庭菜園、畑に生えている雑草の一つに、オオイヌノフグリがあります。

オオイヌノフグリをどう見分けるか、そのまま生やしておいてもよいのか、庭の雑草と家庭菜園や畑の雑草の違いで説明します。

オオイヌノフグリの見分け方

オオバコは、低い草丈、丸い葉っぱ、切れ込みのある葉っぱ、 花びら状の葉っぱ、 青い花や水色の花、赤い茎という特徴があります。

青い花を咲かせ、花が終わると葉っぱの付け根から伸びた脇芽の先端に果実を二つずつつけます。

草丈の大きい他の雑草が少ない時期になってくると、このオオイヌノフグリが目立つようになります。

オオイヌノフグリと似た雑草に、同じ科のタチイヌノフグリなどがあります。

オオイヌノフグリの対処方法

オオイヌノフグリは、涼しくなり、雑草の数が減ってくると生えて勢力を伸ばします。日当たりのよいところを好みます。

庭のオオイヌノフグリの対処法

あまり人が歩いて踏みつけるところには生えず、他の雑草が生えていたところに入れ替わるように生えてきます。

草丈が小さく邪魔にならず、花もかわいいので、気にならなければ抜かずに生やしておいてもよいです。

繁茂しすぎないよう、適度に管理するとよいでしょう。茎の数が増えると、根っこも浅く細かくたくさんの土を抱えますので、抜きにくくなります。

家庭菜園や畑のオオイヌノフグリの対処法

家庭菜園や畑の土に生えるオオイヌノフグリは、土の酸度が中性~弱アルカリ性になっていると生えてきます。

作物が育ちやすい弱アルカリ性の土に生えてくる上、浅いところに根をはりますので、作物に与えたい養分がとられてしまいます。

勢力が強まらないうちに抜き取るか、刈り取るとよいでしょう。

テキストのコピーはできません。